アイリッシュセッターのれんげと、ミニピンなっちゃんとのおっぺけライフ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日フードが切れそうになっていたので
じゃがりこに「フード買ってきてね」とお願いしたついでに
なっちゃんの首輪も「いいのあったら買ってきて」とお願いしたのでした。

なっちゃんは数件のお家をめぐってきたんですが、
持参品といえば、ボロボロになったビニール製の首輪と
色の合わないリード、それに小さなプラスチックのケースだけでした。


それで、お願いした訳なんですが。


買ってきたのがコチラ↓
kubiwa2.jpg

…しーん。

画像だとわかりにくいんですが、サイズすら合ってないんです。
「何サイズ?タマ用?!」っていうくらい小っさくて、合わせてみたら
一番大きい穴にかろうじてかかる位。パツパツです;

「セールで840円だったー」ってオイ!
れんげの首輪には、すでに数万円はつぎ込んでいるというのに!

安いのが悪いとも思いませんし、上の首輪も趣味の問題だとは思いますが!
女の子なのに!もっとかわいらしいのはなかったのかーー!

なっちゃんが不憫すぎます

まあ、れんげの場合は、サイズも大きい上、強度が求められるので
可愛いのがすごく少ないんですよね。
あと、引っ張りがスゴイのでそれの矯正も兼ねて、とか
色々用途別に必要になったりもしたり。
すでに、2本くらいは皮のリードぶっち切っちゃってますからね
だから、いいの見つけたときにはエイっと奮発しちゃうんですが。

それにしても、これは「間に合わせ感」たっぷりすぎて
あんまり可哀想なので、「いいよ、もう私が作るー」って事で
作っちゃいました。

構造みると意外と簡単だったのと
強度的にも、なっちゃんサイズなら手作りでも出せそう…だったので。
作り方覚書しときます。

(用意するもの)
古くなった首輪
布、接着芯…幅2cm×36? 各2枚づつ
ボンド、ハトメ用穴あけ、瞬間接着剤、アイロン、ミシン

kubiwa3.jpg
1.まずは布地をサイズ通りに細長くカット。
  裏面に接着芯を貼り、両サイドをアイロンで折り1センチ幅にします。これを2枚用意。
 (この布幅は用意しているベルトバックル幅に合わせています)
  今回選んだのは少し薄手のデニム地です。小さなトカゲが可愛いんですよー。
2.折り込んだ方を内側にして、2枚をボンドでしっかり貼り合わせます
3.片側を丸くカットします。
*画像かなりはしょってスイマセン。

kubiwa4.jpg
4.端をぐるりと、ミシンでステッチします。
5.古くなった首輪を分解して、パーツを取り出します。
  (画像の首輪が持参品の首輪でした)
6.丸くカットした反対側の端は折って、バックルを通し…
kubiwa7.jpg
7.金具を留めつけます。ちなみに私はミシンをかけた後、両端を手縫いで補強しました。

kubiwa5.jpg
8.ベルト穴をポンチであけます。ちなみに使用したのは1.8mmハトメ抜き。
(ベルトバックルのサイズに合わせて穴のサイズも変わりますのでご注意ください。)
 ベルト穴をあける時は、古い首輪を上に置いてペンで印をつけてあけるといい感じです。

kubiwa6.jpg
9.ココが多分ポイントだと思うのですが、開けた穴に液状の瞬間接着剤を1,2滴垂らします。
  ベルト穴がほつれてしまって、うっかり抜けたりしない為にも、ココはやっておいたほうがいいと思います。
  (最初張り合わせのボンドもこの補強の為でもありますので、しっかり貼ってください)
 もっと強度を出したい場合はきちんとハトメ打つといいと思いますが、ハトメってキレイにうつの難しいんですよねえ…。金具の裏がトゲトゲになっちゃうと怪我させるかもしれないので、今回は抜きっぱなしにしました。

kubiwa8.jpg
ポイントにラインストーンつけました♪ はい、完成でーす♪

調子に乗って
kubiwa9.jpg
タマ首輪(新品ですが)分解です。

kubiwa10.jpg
こちらはデットストック柄のバイヤステープを使用してリメイクしてみました♪
(布地がデニムより薄いので、少し厚めの化繊の接着芯を使用してハリをだしました。)
うん、春夏っぽい。うふ。

細いベルト作る要領なので、道具さえあれば本当に簡単に何本でも作れそう。
昨夜一度使ってみましたが、今の所、晴れの日の散歩には問題なさそうです♪
(雨の日は布地がヘタりそうなので、雨の日用にはビニール製のをそのうち作りたいとおもいます)

あの、もしこれをご覧になって、作りたいって方がいらっしゃった場合なのですが、強度を出す為の接着芯や布地の選び方には注意してあげてくださいね。
それと、この作り方だと、強度を考えるとサイズ的にやっぱり体重2,3キロ位の子向けだと思います。
犬種的にはチワワちゃん、ミニチュアダックスちゃん、トイプードルちゃんとか位までじゃないかと思います。
もちろん、バックル幅が太くなって布幅も広くなれば多少強度はアップするかと思いますが、あくまでも私が勝手に「こんな感じでいけるかな?」と思って作った作り方なので(ほんとに他のサイトさんとか一切見ずに作ってしまった…)、「ひっこ抜けちゃったじゃないのよっ!」ってクレームには対応致しかねますのでくれぐれも自己判断でお願いいたします。


さてさて、着用写真です。こんな感じになりました。
kubiwa11.jpg
シャー!

kubiwa13.jpg
ガウガウ!

kubiwa14.jpg

なっちゃん、君は今幸せかい?






2010.07.28 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。